葬儀・終活コラム

  • 葬儀後に必要なこと 喪主が葬儀後にしなければならない10のこと

    8687

    喪主にとって、葬儀は準備段階から当日の対応まで想像以上に多忙でストレスがかかります。加えて、葬儀後もやるべきことが多くあります。今回は、 喪主 が 葬儀後 に やること について、時系列で解説します。

    もっと詳しくみる

  • 遺族・喪主のマナー 通夜と葬儀で喪主が行うこと

    8680

    葬儀は突然やってきます。喪主として通夜や葬儀に臨むとき、予め何をすればよいのかわかっていれば、落ち着いて対応でき、慌てずに済みます。今回は、事前の準備・参列者へのマナー・式中にやるべきことをご紹介します。

    もっと詳しくみる

  • 遺族・喪主のマナー 喪主と配偶者の服装

    8683

    喪主が着るものといえば喪服。地域の風習や家のしきたりが喪服まで及ぶことがあり、それらを無視した装いをしてしまうと親族や近隣からとがめられてしまうこともあります。喪主や喪主の妻が着るべき喪服について解説します。

    もっと詳しくみる

  • 遺族・喪主のマナー 喪主のやること 〜Q&A方式で解説〜

    8672

    葬儀はいつ発生するかわからず、喪主になるのも、突然です。わからない事や戸惑うことがあって当然。さらに地域の習慣や風習などのしきたりは千差万別です。こうしたことがわからない場合、葬儀社に聞けば教えてもらえますが、できれば事前に全体を把握しておきたいものですよね。今回は、 喪主のやること をQ&A方式で解説します。

    もっと詳しくみる

  • 葬儀の準備 喪主がとるべき4つの行動と心構え〜 葬儀準備 の進め方〜

    8676

    葬儀は突然やってきます。喪主になったら葬儀の準備を速やかに始めなければなりません。しかし、対応を間違えると、二度手間になったり、参列者に失礼になったりして後味の悪いものになってしまいます。故人を気持ちよく送る為に喪主がどう 葬儀準備 を進めたらよいか、失敗しないためのキーになる4つの行動を軸に解説します。

    もっと詳しくみる

  • 葬儀の準備 死亡通知〜葬儀日程を関係者に知らせる死亡通知の流れ〜

    5655

    僧侶や葬儀社と打ち合わせをして葬儀日程が決まったら、関係者に 死亡通知 を行います。以前は通知ハガキを作って手渡しやFAXをするのが一般的でしたが、現代ではハガキのほかに電話やメールなどで日程や会場について知らせる場合もあります。今回は、 死亡通知 のタイミングや伝えるべき内容・手順をご紹介します。

    もっと詳しくみる

  • 葬儀の準備 臨終から葬儀準備の流れ〜臨終後、家族がやるべきこと〜

    5652

    いつかはやってくる大切な人とのお別れ。 臨終 を迎えた後、家族はどのように動けばよいのでしょうか。大事な人を看取った後、動揺もあり慣れない中でスムーズに葬儀の準備を進めるのは大変です。この記事では、大切な人の臨終後にやるべきことをご紹介します。

    もっと詳しくみる

  • 葬儀の準備 出棺の流れ〜葬儀後から火葬場への出発まで〜

    5662

    出棺 は、故人の顔を見ることのできる最後の機会です。また、火葬に立ち会わない人にとっては最後のお別れの時となるため、喪主は忙しい中でも葬儀参列者に対して心を込めた挨拶をしなければなりません。今回は、葬儀後から火葬場への出発まで、 出棺 の流れを解説します。

    もっと詳しくみる

  • 葬儀の準備 仏式の通夜の流れ〜香典受付開始から通夜振舞いまで〜

    5664

    仏式の通夜は、弔辞や思い出の写真をスライドで流す「お別れビデオ」などの演出がない以外は、葬儀と同じような流れで行われます。仏式の通夜で喪主の主な役割は焼香と挨拶です。今回は、初めての喪主でもスムーズに準備が進められるよう香典受付から通夜振舞いまで、 仏式 の 通夜 の流れをご紹介します。

    もっと詳しくみる

  • 葬儀の準備 四十九日・納骨の流れ〜四十九日に合わせて納骨をするときの流れ〜

    5639

    四十九日法要 とは、四十九日目をめどに執り行う法要です。また、 納骨 は、遺骨をお墓の中へ納めることをいいます。 納骨 は四十九日法要と同時に行うのが一般的ですが、必ずしも 四十九日 に納骨を行わなければならないわけではありません。この記事では、 四十九日 に合わせて 納骨 をするときの流れを説明します。

    もっと詳しくみる

飯村 美保

専門スタッフが24時間365日対応!
なんでもご相談ください。