葬儀・終活コラム

供養

法名軸 とは浄土真宗の位牌!その意味や供養の仕方を解説

法名軸 とは浄土真宗の位牌!その意味や供養の仕方を解説

浄土真宗では、位牌を準備せずに、法名が書かれた 法名軸 を渡されることが珍しくありません。位牌よりも略式な印象を受けるかもしれませんが、浄土真宗においては正式なものであり、仏壇で供養を行う対象となります。 法名軸 の意味や、供養の仕方などについて解説します。

浄土真宗では、位牌を準備せずに、法名が書かれた 法名軸 を渡されることが珍しくありません。位牌よりも略式な印象を受けるかもしれませんが、浄土真宗においては正式なものであり、仏壇で供養を行う対象となります。 法名軸 の意味や、供養の仕方などについて解説します。

法名軸 とは法名や没年月日が書かれた小さな掛け軸のこと

法名軸は、浄土真宗で使う小さな掛け軸です。掛け軸の中には故人の法名と没年月日、俗名、享年などが書かれており、他宗派における位牌のような意味合いになります。

法名軸は、四十九日法要までに菩提寺や仏具店に依頼して作成し、仏壇の内側に掛けておきます。そして、四十九日法要当日には、対象となる故人の法名軸を仏壇の前面に出します。

法名軸 の法名とは浄土真宗における戒名のようなもの

浄土真宗では、仏弟子になると「戒名」ではなく「法名」が与えられます。浄土真宗では、亡くなった人はすぐ浄土に行けるという考え方をするため、ほかの宗派のように「仏門に入って戒律を授かり、戒律を守って日々信心を実行する」仏弟子に贈られる「戒名」という言葉は使いません。戒名と区別するために、法名という言葉を使っています。

法名の構造は、戒名とは違ってシンプルです。
戒名は、一般的に「●●院▲▲■■居士」なとどいうように、漢字が9~10数文字並んでいます。「●●院」の部分は「院号」、「▲▲」の部分は「道号」、「■■」の部分が「戒名」、「居士(女性なら大師など)」が「位号」と呼ばれ、それぞれ意味合いが違います。

一方で法名は、通常「院号」「道号」「位号」の部分を付けません。仏弟子を表す「釈」という漢字の下に、2文字の法名を付けるだけで、「釈■■」と3文字だけになります。ただし、特に社会的貢献度の高かった人や、多大な信仰心を持っていた人などは院号がつくこともあります。

法名軸は、浄土真宗の仏弟子として新たに作られた故人の名前である法名を、仏壇でまつるための仏具なのです。

法名軸 の供養方法

法名軸 の供養方法

法名軸は、通常は仏壇の内側に掛けておき、法要時だけ仏壇の前に掛けます。お盆などに、全ての法名軸を仏壇前面に、あるいは仏壇とは別に作られた盆棚に掲げておく地域もあります。

なかには、「仏壇の内側に掛けてしまうとお参りのときに見えにくいので、位牌と比べると供養している感じがしない」と物足りなく感じる人もいるかもしれません。確かに、位牌は平時でも仏壇の前面に置かれていますから、比べてしまうと法名軸はぞんざいな扱いをしてしまっている印象がないともいえません。

しかし、浄土真宗の教えからすれば、それで正解なのです。浄土真宗では、本尊である阿弥陀仏を讃えることこそが、死して浄土へ行くために必要なものであると説きます。家の仏壇にも、最上段中央の一番目立つところに阿弥陀仏の掛け軸や仏像が祀られているでしょう。毎日阿弥陀仏をあがめ、「南無阿弥陀仏」を唱えることが信仰の証となります。決して、故人をぞんざいに扱っているわけではないため、安心してお参りしましょう。

もし、法要時ではない普段のお参りにおいて、法名軸が阿弥陀仏よりも上に祀られたり、遺影を飾って阿弥陀仏が完全に見えなくなってしまったりしたなら、そのほうがよくありません。もっとも、これは浄土真宗ではなくとも、ほかの宗派であっても同じことです。仏壇においては、本尊が最上位であることを、心にとめておきましょう。もし命日や法事の際などに「故人を手厚く祀りたい」と考えたら、仏壇とは別に小さな祭壇を用意し、そこで大きな遺影や法名軸を掲げ祀りましょう。

法名軸 ではなく位牌を用意する宗派や地域もある

浄土真宗であっても、一部の宗派では位牌を用意します。また、地域やお寺の考え、遺族の希望により、位牌を作ることもあります。
位牌を作っても、そこに刻まれるのが「法名」であることは変わりません。「釈■■」と位牌に刻まれます。

法名軸 の破損や汚れは菩提寺に相談しよう

法名軸は、長くお参りしていれば、シミができたり黄ばんできたりすることもあるでしょう。破けてしまうこともないとはいえません。法名軸が破損したら、勝手に処分せず、まずは菩提寺に相談するのが大事です。法名軸は仏具なので、処分の際には読経などによる供養が必要と考える住職が少なくないためです。

破損した法名軸に対して読経を行ってもらい、また新しく法名軸を手配しましょう。黄ばみやシミ程度であれば、染み抜きに応じてくれる仏具店もありますし、表装だけを仕立て直すという手もあります。

人が仏弟子になった証として 法名軸 をお迎えしよう

以上、法名軸について解説しました。一枚の掛け軸が、故人が仏弟子になったことを証明してくれます。法名軸にはいくつか種類があり、大きさも違うため、自宅の仏壇の大きさに合わせたものを手配しましょう。

他にも供養に関して「繰り出し位牌 ってどんなもの?一般的な位牌との違いや使い方」などの記事を掲載しておりますので、是非お役立てくださいませ。

木村 健太郎

専門スタッフが24時間365日対応!
なんでもご相談ください。

▼ お急ぎの方は地域を選んでお電話ください。