葬儀・終活コラム

供養

仏壇 の種類と役割・宗派によって違いなどを解説

仏壇の種類と役割・宗派によって違いなどを解説

仏壇 や、仏壇に飾る本尊は、宗派によって違いがあります。 仏壇 を購入してしまってから「この本尊ではない」「こういう仏壇ではない」などと菩提寺や親族から指摘を受けないよう、きちんと確認したうえで購入を決めましょう。宗派で違う仏壇の種類について解説します。

仏壇 や、仏壇に飾る本尊は、宗派によって違いがあります。 仏壇を 購入してしまってから「この本尊ではない」「こういう仏壇ではない」などと菩提寺や親族から指摘を受けないよう、きちんと確認したうえで購入を決めましょう。宗派で違う仏壇の種類について解説します。

仏壇 や本尊の種類は宗派によって変わる

仏壇 や本尊の種類は宗派によって変わる

仏壇 は、毎日の供養の土台となる大切なものです。 仏壇 の中でもとくに、仏像や掛け軸の形で飾られる本尊は、信仰の要であり、宗派によって種類が違います。

もしも違う仏壇や本尊を購入したら、すぐに変えるよう菩提寺に求められてしまうでしょう。仏壇は高価な買い物です。返品・交換が利くとは限りませんから、あらかじめ買うべき種類を確認し、慎重に選びましょう。

宗派ごとに 仏壇 や本尊の種類を解説

宗派ごとの仏壇や本尊の種類は、以下の通りです。本尊の脇には、脇侍(わきじ)として宗祖などの仏像や掛け軸が飾られます。仏壇や本尊、脇侍の種類は菩提寺の考え方や地域により若干の違いがあるため、購入する前に菩提寺や周囲によく確認するのが大事です。

浄土真宗本願寺派

仏壇は、全体に金箔が施された金仏壇が主流です。金色で飾ることにより、阿弥陀仏のいる極楽浄土をイメージしています。本尊は阿弥陀如来で、脇侍として右に親鸞聖人、左に蓮如上人が飾られます。

・真宗大谷派

金仏壇が主流です。本尊は阿弥陀如来で、脇侍は右に十字名号(帰命尽十方無碍光如来)、左に九字名号(南無不可思議光如来)の掛け軸が飾られます。

・浄土宗

漆を塗って仕上げた唐木仏壇が主流ですが、厳密な決まりはありません。本尊は阿弥陀如来で、脇侍として右に善導大師、左に法然上人が飾られます。

・真言宗

唐木仏壇が主流ですが、厳密な決まりはありません。本尊は大日如来で、右に弘法大師空海、左に不動明王が飾られます。

・天台宗

唐木仏壇が主流ですが、厳密な決まりはありません。本尊は釈迦如来や阿弥陀如来で、右に天台大師智顗、左に伝教大師最澄が飾られます。

・日蓮宗

唐木仏壇が主流ですが、専用の仏壇を使用している地域もあります。本尊は大曼陀羅の掛け軸で、左右に鬼子母神と大黒点が飾られます。どちらが右かは、地域によって違います。

・臨済宗

唐木仏壇が主流ですが、厳密な決まりはありません。本尊は釈迦牟尼仏や釈迦如来で、右に達磨大師、左に各派の開山(その宗派を開いた僧侶)を飾ります。

・曹洞宗

唐木仏壇が主流ですが、厳密な決まりはありません。本尊は釈迦牟尼仏や釈迦如来で、右に承陽大師道元、左に常済大師瑩山を飾ります。

仏壇 は菩提寺や周囲に確認してから購入を

以上のように、宗派によって選ぶべき仏壇や本尊、脇侍は違います。最近では家具調仏壇やミニ仏壇を選ぶ人も増え、仏壇の形式に厳密な決まりがない宗派では受け入れられていますが、肝心の本尊が違う宗派のものだと、やはり指摘されてしまいます。仏壇購入の際には、事前に菩提寺や周囲に相談するのが大事です。

磯部 純矢

専門スタッフが24時間365日対応!
なんでもご相談ください。

▼ お急ぎの方は地域を選んでお電話ください。