葬儀・終活コラム

その他

家族葬と密葬の違いとは〜内容や流れ、費用についてご紹介〜

家族葬 や 密葬 と聞いて、どんな葬儀を思い浮かべますか。参列者が限定されている葬儀という意味では、 家族葬 も 密葬 もほぼ同じです。しかし、いくつか違う点もあります。この記事では、家族葬と密葬の違いや、それぞれの内容、流れ、そして費用の相場などについてご紹介します。

家族葬と密葬の違い

家族葬 とは、親族を主な参列者とする葬儀です。故人や喪主の会社関係者や、付き合いの薄い近隣関係などは呼びません。遺族は、義理で参列する方に対応する必要がないため、故人とのお別れに集中できます。

一方で 密葬 とは、大人数が集まる本葬の前に、取り急ぎ少人数で済ませる葬儀を指します。遺族、親族が参列者の中心となる点は家族葬と同じですが、後に本葬が控えている点が家族葬との違いです。

著名人などが亡くなったとき、「本格的な葬儀をしたいけれど、大規模になるため火葬までに準備が間に合わない」と判断した場合に密葬が選ばれるケースが多く、後日改めてお別れの会などと称した本葬が執り行われます。

家族葬と密葬の内容

家族葬では、小規模ながら必要な儀式はしっかりと行われます。納棺の儀や通夜、葬儀といった一連の流れは、一般的な葬儀と変わることはありません。参列者が家族だけだからと通夜をおこなわない場合もありますが、それは家族葬特有のものではなく、喪主の判断により決められることです。

密葬も家族葬と同様、必要な儀式をきちんと行います。ただし喪主の意向により、通夜や葬儀を行わず、火葬だけとなるケースも見られます。

家族葬と密葬の流れ

家族葬も、密葬も、基本的な流れは同じです。以下のように進行されます。

  • 臨終、末期の水
    病院や自宅で息を引き取った後、水で湿らせた脱脂綿を割りばしに挟み、故人の口に含ませる「末期の水」の儀式を行います。喪主から血縁の濃い順番に割りばしを持ちます。
  • 安置
    病院の霊安室から、自宅や葬儀社の安置室などへ移動し、ご遺体を安置します。菩提寺がある場合や仏式葬儀を希望する場合は、僧侶に連絡を取って枕経(まくらぎょう)に来てもらいます。その後、葬儀社と葬儀日程の打ち合わせを行い、日程が決まれば参列者にお知らせをします。
  • 納棺の儀
    通夜の前に、故人を布団から棺に移動する納棺の儀を行います。主な親族が見守るなか、着替えやメイクなど最後の身支度が行われます。喪主の希望によっては、移動式のバスタブで故人の身体を清める湯灌(ゆかん)が行われることもあります。
  • 通夜
    葬儀の前日に通夜を行います。一般の参列者は訪れないため、遺族や親族だけで行うことになります。
  • 通夜振る舞い
    通夜の後の会食を、通夜ぶるまいといいます。参列した親族らのみで行われます。
  • 葬儀
    通夜の翌日、葬儀が行われます。参列者は、前日の通夜と同じです。
  • 火葬
    出棺後、火葬場にて火葬が行われます。主な親族が火葬場に出向き、火葬に立ち会います。
  • 精進落とし
    葬儀後に火葬場で、あるいは火葬が済んでから会食場へ移動し、会食が行われます。これを精進落としといいます。

密葬のみおこなうこと

  • 本葬
    密葬を行った場合は、後日、本葬が行われます。本葬では、親族ばかりではなく、縁のあったすべての人を参列対象にするのが一般的です。四九日、百か日などの法要とタイミングを合わせて行われることもあります。

家族葬と密葬の費用相場

家族葬 密葬

家族葬は一般的な葬儀より規模が小さいため、会食や返礼品に関する費用が抑えられます。また、小さい式場や祭壇で済ませられるため、式場利用料も安く済むケースがあります。一般的な葬儀の費用相場は150万円から200万円ほどですが、家族葬の場合は50万円から100万円程度が相場です。ただし、会葬者が少ないぶん、香典も少なくなるため、実際の持ち出し費用は高くなるかもしれないことに注意しましょう。

一方で密葬と本葬の費用相場は、2回葬儀をするようなものなので、一般的な葬儀よりも高めになります。密葬は火葬だけで費用を抑えたとしても、後に本葬としてたくさんの人を呼ぶ葬儀を行えば、大きな式場や祭壇を利用することになり、会食費用や返礼品の費用もかさみます。全て含めて200万円、300万円となることも珍しくありません。ただ、本葬を会費制のお別れ会にするなど工夫をすれば、持ち出し費用は少なくなります。

まとめ

気の置けない人たちだけでゆっくり故人を送りたいと、小規模な葬儀を選ぶ方は年々増えつつあります。その一方で、家族葬を行うと後で訃報を知った弔問客に対応するのが大変なため、一度に挨拶する場として葬儀を設けたほうがよいという意見もあります。
火葬までは少人数でゆったりした気持ちのなか故人を見送り、のちにお別れ会などで縁あった人たちに感謝の意を示せるのが、密葬と本葬です。家族葬にするか、密葬と本葬にするか迷うなら、こぢんまりとした葬儀の後に個別で訪れる人たちへ対応できるかどうかについて考えてみましょう。

北山 美和

専門スタッフが24時間365日対応!
なんでもご相談ください。