佐藤 直哉

葬送の儀式が多様化する

佐藤 直哉

佐藤 直哉

少子高齢化の時代、これから葬儀社の需要が増えてくるに伴い、葬送の儀式が多様化していくことを感じました。また、「終活」という言葉があるように、生前に自分で葬儀を決める人も多くなってきています。様々な方に対して、サポートしていければと思います。

葬儀を通じ、人と人との「こころ」を繋ぐお手伝い

身内が亡くなった際、悲しむばかりで旅立つ故人様に何もしてあげることができなかった悔しい気持ちがあります。一度きりのお別れの儀式の中、悲しみの中にあるご遺族様の思いを汲み取り、悔いの残らないお別れをしていただきたい、その一端を少しでもサポートしたいです。

菅原 昌浩

専門スタッフが24時間365日対応!
なんでもご相談ください。