葬儀・終活コラム

葬儀の準備

葬儀に使われる 花 の種類をご紹介!供花、花環、枕花、献花…どう違う?

葬儀に使われる花の種類をご紹介!供花、花環、枕花、献花…どう違う?

葬儀に使われる 花 には、たくさんの種類があります。地域によっても、どんなお供えが必要なのかが変わってくるため、意味を知らないと混乱することもあるでしょう。葬儀の 花 の種類を知っておけば、葬儀が生じたときや、参列したときに役立ちます。供花、花環、枕花など、葬儀の花の種類について解説します。

葬儀に使われる 花 には、たくさんの種類があります。地域によっても、どんなお供えが必要なのかが変わってくるため、意味を知らないと混乱することもあるでしょう。葬儀の 花 の種類を知っておけば、葬儀が生じたときや、参列したときに役立ちます。供花、花環、枕花など、葬儀の花の種類について解説します。

葬儀に使われる花の種類をご紹介!供花、花環、枕花、献花…どう違う?

葬儀に使われる花の種類をご紹介!供花、花環、枕花、献花…どう違う?

葬儀では、臨終から葬儀、火葬に至るまで、実にさまざまなシチュエーションで花が使われます。親族や参列者らが「亡くなった人を慰めたい」という気持ちを表すために花を贈ることもあれば、遺族らが祭壇や式場を飾るために花を使用することもあり、葬儀と花とは切っても切れない関係です。

参列者が故人のために捧げる花は、一般的に「供花」と呼ばれますが、地域によっては「花環」のほうを重視するケースもあります。「供花ではなく、花環を送ってほしい」と言われたとき、双方の意味を知っておかないと、なかなか対応できません。

また、「お別れ花」や「献花」「枕花」といった言葉もあり、それぞれ花束の大きさや意味が違ってきます。「葬儀に花を贈りたい」と思ったときは、どの花を贈りたいか、そのためにはどんなタイミングで、どのような大きさにすればよいかを考えなければなりません。

葬儀の 花 の種類

葬儀に関わる花の種類を、臨終から葬儀・火葬までの時系列でご紹介します。

・枕花

故人の枕元に飾る花を、枕花と呼びます。亡くなった後、自宅や葬儀会館の安置所等に運ばれ、布団に安置されて初めて飾られるのが枕花です。故人の枕元に焼香用の机を用意した後で、お墓参りでお供えするよりも少し大きめの花束を一対(同じものを2束)用意し、それぞれ花瓶に活けて焼香台の左右に飾ります。親族や弔問者が枕花を持参する場合は、遺族に花瓶を用意する手間をとらせぬよう、アレンジメントやかご盛りの花とするのが一般的です。費用は10,000円程度です。

・供花

お通夜や葬儀の会場、祭壇、棺周りを飾るために、親族や参列者らが用意するのが供花(きょうか)です。足の高いスタンドの上にかご盛りで花を活けた「スタンド花」が主流で、贈り主の名札がつきます。費用は1万5000円から3万円程度です。近親者は一対(同じものを2つ)贈って、祭壇の両側に一つずつ飾るなどします。通夜や葬儀に間に合うよう手配します。

最近では個別のスタンド花ではなく、祭壇上に花をあしらうための費用として花代を申し受けるケースも見られます。その際、贈り主の名前は芳名板に記載されます。

・花環

葬儀式場の玄関を飾るために贈られるのが花環(はなわ)です。かなり背の高いスタンドの上に造花の輪をつけたもので、慶事用であれば新しいお店の開店祝いなどで飾られているものを目にしたことのある人は多いでしょう。葬儀の花環は弔事用なので、スタンドの色は黒、造花の色は紫等が主流です。相場は一基1万円から15000円程度で、スタンドの部分に贈り主の名札がつきます。通夜や葬儀に間に合うよう手配します。

・献花

献花とは、葬儀の際、焼香の代わりに参列者一人ひとりが一輪ずつ祭壇にお供えするための花です。キリスト教の葬儀や無宗教葬で使われます。献花は参列者が持参するのではなく、式場側が用意します。白いカーネーションや菊が使われます。

・お別れ花

お別れ花とは、出棺の前に棺のふたを開け、お別れをしながら故人の顔周りを飾るお花のことです。お別れ花は参列者ではなく、遺族側が用意します。葬儀の後に出棺となる地域では、供花の一部をお別れ花とするケースが多いでしょう。また、出棺後、火葬となるまで棺の上に載せておく花束を、お別れ花と称することもあります。

・仏花

仏花とは、毎日の仏壇のお参りや、法要、お墓参り等に持参する花束の総称です。白や黄色、紫といった落ち着いた色味の花を使うのがマナーで、花屋へ行き「仏花を作ってください」とお願いすれば、仏壇やお墓参りにふさわしい花束を、予算に応じて作ってくれます。また、スーパーで売られているのを見かける人も多いでしょう。

葬儀の 花 の意味を知って、必要なときに最適な花を贈れるようになろう

以上のように、葬儀に使われる花には、様々な種類があります。周囲で葬儀が生じたときには、ふさわしい花をベストなタイミングで贈れるようにしましょう。いつ、どんな花を贈ればよいかわからない場合には、葬儀が行われる式場に問い合わせると、詳しく教えてもらえます。

松川 富男

専門スタッフが24時間365日対応!
なんでもご相談ください。

▼ お急ぎの方は地域を選んでお電話ください。