葬儀・終活コラム

葬儀の準備

フラワー葬 とはたくさんのお花で送るお葬式のカタチ

フラワー葬 とは

フラワー葬 とは、白木でできた灯籠(とうろう)や神輿(みこし)屋根があしらわれた従来の祭壇を使わず、たくさんの花が飾られた祭壇で故人を見送る葬儀形式のことです。複数の葬儀社で「 フラワー葬 」と称した葬儀プランが開発されています。フラワー葬の特徴、メリットやデメリット、向いている人などについてご紹介します。

フラワー葬 とは、白木でできた灯籠(とうろう)や神輿(みこし)屋根があしらわれた従来の祭壇を使わず、たくさんの花が飾られた祭壇で故人を見送る葬儀形式のことです。複数の葬儀社で「 フラワー葬 」と称した葬儀プランが開発されています。フラワー葬の特徴、メリットやデメリット、向いている人などについてご紹介します。

お花いっぱいの葬送空間を叶えられる フラワー葬

お花いっぱいの葬送空間を叶えられる フラワー葬

フラワー葬とは、たくさんの生花を祭壇上や式場内に飾って行われる葬儀形式を指します。まだまだ一般的な言葉とはいえず、「フラワー葬」という名称を使う葬儀社もあまり多くありません。よって一般的な葬儀との違いは確立されていませんが、概して以下のようなことがいえます。

・白木の祭壇を使わない
従来、葬儀で使われる祭壇といえば、白木でできた祭壇のトップに、やはり白木の神輿屋根があしらわれ、鳳凰や獅子をかたどった白木の飾り物が並べられたものでした。フラワー葬では、こういった白木祭壇の飾り物を使いません。かわりに生花をふんだんに使い、華やかな雰囲気の祭壇に仕上げます。土台となる祭壇は、透明なアクリル台が使われることが多いでしょう。

・宗派を問わない
昔ながらの白木祭壇は、主に仏式の葬儀で使われます。また、神式の葬儀(神葬祭)には、三種の神器や十種類にも及ぶ供物など、祭壇に独特な飾り付けがなされます。キリスト教式の祭壇は、ロウソクと十字架を置くだけのシンプルなものです。一方で、フラワー葬の祭壇そのものには、宗教的な意味合いがないため、宗派を問わず使うことが可能です。

・葬儀のプログラムには影響しない
フラワー葬は、式場や祭壇周りの飾り付けを生花中心にすることを意味するため、葬儀のプログラムそのものには影響しません。フラワー葬のために特別な式中演出をする必要はなく、宗教・宗派に則ったプログラムにも、オリジナルな無宗教葬にもフィットします。

フラワー葬 のメリット

フラワー葬のメリットは、以下の3つです。

・華やかな空間で故人を見送れる
式場内が花で満たされるため、葬儀そのものが暗いイメージではなく、ぱっと華やかな印象になります。可憐な花々が遺族の心も癒やすでしょう。

・故人が好きだった花や、好みの色の花で式場を飾れる
故人が特定の花を好きだったなら、その花を中心に飾ってあげると、良い供養となります。特定の花でなくとも、ピンクや紫、白など故人がとくに好んでいた色合いの花を指定すれば、故人らしさ満載の祭壇ができあがります。もっとも、指定の花を手に入れられない季節もありますので、それだけは心づもりをしておきましょう。

・無宗教葬でも式場の飾り付けに悩まない
無宗教葬を選ぶ場合、祭壇周りの飾り付けに困るケースがあります。宗教特有の飾り物が、無宗教葬にはなじまないためです。シンプルな祭壇では物足りないと悩むとき、フラワー葬は便利です。

フラワー葬 のデメリット

フラワー葬のデメリットは、以下の2つです。

・一般的な祭壇よりも価格が高い
フラワー葬で使われる花は、主に生花です。だからこそ圧倒的な華やかさがあるといえますが、使用される花が多くなればなるほど、葬儀費用がかさみます。生花を使わない従来型の祭壇よりも、価格は高くなりがちです。必ず見積もりを用意してもらい、予算内にとどまるかを確認してから発注しましょう。見積額を超えても「どうしてもフラワー葬がよい」と思う場合には、葬儀社に相談の上、他の面で費用を抑えられないか検討するのがおすすめです。

・宗教者の考えによっては使えないことがある
特定の宗教・宗派で葬儀をする場合でも、フラワー葬は有効です。ただし、「花祭壇ではきちんとした儀式ができない」という考えを持つ宗教者もいます。フラワー葬を行いたい場合には、お付き合いのある寺院、神社、教会などにあらかじめ確認しておきましょう。

フラワー葬 に向いている人

以上のメリット、デメリットを考慮すると、フラワー葬に向いている人は、「花いっぱいの空間で葬儀を行いたい人」や、「故人の好きだった花をいっぱいに飾り、見送ってあげたい人」であるといえます。
従来の白木祭壇や、宗教・宗派に厳密に則った祭壇では寂しさを感じてしまうのであれば、フラワー葬を検討するのがいいでしょう。

フラワー葬 を行いたい人は葬儀社へ事前相談に行こう

以上、フラワー葬について解説しました。
フラワー葬のことを調べている人は、「検索しても、自分の地域ではフラワー葬を行っている葬儀社が見つからない」と感じているかもしれません。
「フラワー葬」という言葉を使っていなくても、花いっぱいの葬儀を行っている葬儀社は全国にたくさんあります。
近くの葬儀社に、まずはメールや電話で「白木の飾り物などを使わず、お花でいっぱいの祭壇にできませんか」と確認してみましょう。きっと前向きな返答が得られます。

この記事を読まれた方は「自宅葬のように落ち着いて故人を送れる リビング葬 の意味、手順、費用」もご参考になれば是非お役立てください

橋本 俊介

専門スタッフが24時間365日対応!
なんでもご相談ください。

▼ お急ぎの方は地域を選んでお電話ください。