葬儀・終活コラム

参列者のマナー

箸渡し とは?火葬場でお骨拾いをするときのしきたりやマナー

箸渡し とは?火葬場でお骨拾いをするときのしきたりやマナー

箸渡し とは、火葬の後に故人の遺骨を骨壺へ収める際、近親者が長い箸を使って遺骨を箸から箸へと渡していく儀式のことです。「骨拾い」や「骨上げ」とも呼ばれます。昔からの風習である 箸渡し には、しきたりやマナーが存在します。箸渡しの意味を解説した後に、実際に火葬場でどう振る舞えば良いかをご案内します。

箸渡し とは、火葬の後に故人の遺骨を骨壺へ収める際、近親者が長い箸を使って遺骨を箸から箸へと渡していく儀式のことです。「骨拾い」や「骨上げ」とも呼ばれます。昔からの風習である 箸渡し には、しきたりやマナーが存在します。箸渡しの意味を解説した後に、実際に火葬場でどう振る舞えば良いかをご案内します。

箸渡し とは火葬場で遺骨を骨壺に納めるときの儀式

箸渡しとは、火葬が終了した後、遺骨を骨壺に納めるときに近親者が行う儀式を指します。遺骨を長い箸で拾って、骨壺に納めるのです。

箸渡しは日本独特の風習で、「箸」を「橋」にかけ、「故人があの世で渡る三途の川に、この世から橋を渡してあげる」という意味を持ちます。つまり、供養のための儀式の一つです。

箸渡し の作法

箸渡しの作法には、いくつかパターンがあります。地域によって、また火葬場によって、作法が違います。

・一人が遺骨を箸で拾い、もう一人が箸で遺骨を受け取り、骨壺へ納める

故人と血縁の近い順に、男女ペアになります。そして一人が箸で遺骨を拾い上げ、その遺骨をもう一人の箸に渡します。遺骨を渡された方は、そのまま遺骨を箸で骨壺へ納めます。男女のペアは、数回骨拾いを行った後に入れ替わります。

・2人が同時に遺骨を箸で拾い、骨壺に納める

男女がペアになり、2人が同時に同じ遺骨を箸で拾って、そのまま骨壺に納めます。数回骨拾いを行った後、ペアが入れ替わります。

・親族が血縁順に並び、箸から箸へと遺骨を渡していく

親族が血縁順に一列に並び、先頭の1人が遺骨を箸で拾ったら、箸から箸へと遺骨を受け渡していきます。最後の1人が、骨壺へ遺骨を納めます。

箸渡し で全ての遺骨が骨壺へ納められるわけではない

箸渡し で全ての遺骨が骨壺へ納められるわけではない

箸渡しは重要な儀式ですが、遺骨全てを箸渡しで拾っていたら、時間がかかりすぎてしまいます。このため、重要な遺骨を箸渡しで拾い上げたら、その後は火葬場の係員が拾骨するのが一般的です。

体の中でも、最も重要な遺骨は、喉仏(のどぼとけ)の部分とされます。これは、喉仏の骨が、仏様が合掌している形に似ているためです。喉仏の骨を拾うのは、喪主の役割です。なかには、骨拾いをする前にトレーなどへ喉仏や大腿骨など特徴のある遺骨を移し、どの部分の骨なのかを説明してくれる火葬場もあります。

箸渡し には全拾骨と部分拾骨の地域がある

箸渡しが終わったら、火葬場の係員が他の遺骨を骨壺に納めます。このとき、全ての遺骨を納める地域(全拾骨)と、小さな骨壺に入る限りの遺骨を納める地域とがあります(部分拾骨)。おおまかにいえば関東以北は全拾骨、関西以西は部分拾骨です。
ただし、地方によっては例外もあります。

・全拾骨の場合

関東以北では、全ての遺骨を骨壺に納めるため、骨壺は比較的大きめです。具体的には7~8寸、直径約21~24センチのものが多く使われます。遺骨は、脚の部分の骨から先に骨壺へ納め、次に腰の部分、上半身、喉仏と納めていき、最後に頭蓋骨を納めて終了となります。骨壺に入りきらないときには、残りの遺骨を骨箱へ納めることがあります。故人が大柄な人であれば、あらかじめ一回り大きな骨壺を用意することも。

・部分拾骨の場合

関西以西では、5寸(直径約15センチ)程度の骨壺が使われ、喉仏を含めた大きな遺骨を中心に納めることになります。残った遺骨は、火葬場で残骨としてまとめて供養されます。そもそも部分的にしか拾骨しないため、遺骨を複数の骨壺に分ける「分骨」にあまり抵抗がなく、はじめから2つの骨壺に遺骨を分けて本山納骨を行うケースもあります。本山納骨とは、信仰している宗派の本山に、遺骨の入った骨壺を納めることです。

箸渡し にまつわるマナー

箸渡しには、次のようなマナーがあります。

・普段使うような箸ではなく、専用の長い箸を使う

箸渡しには、私たちが普段使いするような箸を使うことはありません。箸渡し専用の箸が、火葬場に用意されています。箸の素材は木であったり、金属であったりとさまざまですが、遺骨を渡しやすいよう、かなり長めになっています。

・普段の食事で、箸から箸へ食材をまわさない

食事中、誰かに食べものを渡すとき、箸から皿ではなく、箸から箸へと渡そうとして「やめなさい」と家族から叱られたことはありませんか。これは「箸から箸へ渡す」という行為が、箸渡しを強く連想させるものだからです。マナーとして、覚えておきましょう。

箸渡し に参加するときには、故人の冥福を祈りながら

親族として火葬場へ行き、また骨上げまで立ち会うような機会は、あまりありません。もしも箸渡しに参加するときには、三途の川への橋渡しを思い浮かべ、「故人があの世へ無事たどり着けるよう、お手伝いをしているのだ」と思いながら、心を込めて遺骨を拾いましょう。

また本記事以外でも葬儀のマナーを「葬儀のマナー の基礎知識として押さえておきたい5つのこと」で記載しておりますのでこちらもあわせてご覧くださいませ。

黒田 詳智

専門スタッフが24時間365日対応!
なんでもご相談ください。

▼ お急ぎの方は地域を選んでお電話ください。