葬儀・終活コラム

その他

無宗教葬 とは〜自由な葬儀の流れやメリット、デメリット〜

無宗教葬 とは、僧侶や牧師、神職といった宗教者を呼ばない葬儀を指します。葬儀といえばお経が読まれる場所というイメージを持つ方には、無宗教の葬儀といってもなかなかイメージができないかもしれません。今回は、 無宗教葬 の流れやメリット、デメリットについてご案内します。

無宗教葬の種類

無宗教葬 とは、宗教者が儀式を行わず、遺族や葬儀社がプログラムを作って行う葬儀形式です。オリジナル演出が可能ですが、1から10まで遺族が考えるのも大変なので、葬儀社によっていくつかパターンが用意されているのが一般的です。いくつか例を挙げてご紹介します。

音楽葬

ピアニストやバイオリニストなど、プロの音楽家による演奏が中心となる葬儀です。親族や故人の孫などが、弔辞の際に楽器を演奏するシーンも見られます。故人の好きだった曲が演奏されることが多いです。

スクリーン葬

故人の来し方を、写真のスライドや生前の頃の映像で振り返ります。

キャンドル葬

祭壇の周りに配置されたキャンドルに、参列者が灯をともします。最後には、さまざまな想いがこもった明かりが祭壇を飾ります。

お別れ会、偲ぶ会

火葬のみ、あるいは遺族を中心とした小さな葬儀を行った後、日を改めて行います。故人の略歴を紹介した後、弔辞や弔電を披露し、最後に会食を設けて解散するのが一般的です。初めから食事会のスタイルで行われるお別れ会もあります。

無宗教葬の流れ

無宗教葬は自由なスタイルで行われるため、一般的な流れを紹介するのは難しいですが、一例として音楽葬の流れをご案内します。

音楽葬の流れ

  • 開式の辞
    司会者により開式の辞があります。
  • 故人略歴紹介
    ナレーションと写真スライドなどにより、故人の略歴が紹介されます。
  • プロの音楽家による献奏
    故人が好きだった音楽を、プロの音楽家が演奏します。
  • 弔辞・弔電
    友人や親族代表による弔辞、あるいは楽器の演奏が行われます。また、弔電が紹介されます。
  • 献花
    仏式葬儀のように焼香するのではなく、献花が行われます。献花の間も演奏が行われます。
  • 喪主挨拶
    喪主が参列者に対して感謝の言葉を述べます。
  • 閉式の辞
    司会者により閉式の辞があります。

無宗教葬のメリット

無宗教葬のメリットは以下の3つです。

1. 自由に葬儀をプロデュースできる

宗教儀式にのっとる必要がないため、故人や遺族の考えを反映した内容にすることができます。「こんな葬儀にしたい」と、強い希望がある方にはとくにおすすめです。

2. 宗教者への謝礼が発生しない

宗教者を呼ばないので、お布施といった謝礼が発生しません。

3. 会場が選べる可能性がある

一般的な葬儀では、ご遺体を安置する必要があったり、焼香をしなければならなかったりするため、葬儀ができる会場は、葬儀ホールや自宅など一部に限られています。しかし、ご遺体ではなくご遺骨で行うお別れ会や、焼香ではなく献花や献灯を行うスタイルを選べば、会場の選択肢が広がります。

無宗教葬のデメリット

無宗教葬

無宗教葬のデメリットは、以下の3つです。

1. 不慣れな参列者が戸惑いを覚える可能性がある

無宗教葬はまだまだ珍しいスタイルです。「喪服で参加していいの?」「香典の表書きはどうなる?」など、初めて参列する人が戸惑ってしまうことが予想されます。喪服でよいこと、また服装コードがあればその旨をしっかりお知らせし、参列者が迷わないように気を配りましょう。

2. 時間を持て余す可能性がある

無宗教葬のプロデュースに慣れていない葬儀社に葬儀を依頼すると、儀式がないぶん、時間を持て余してしまうかもしれません。無宗教葬の実績がある葬儀社に依頼しましょう。

3. 菩提寺がある場合はトラブルになる

菩提寺があるにもかかわらず無宗教葬を選んだ場合は、僧侶や親族とトラブルになる恐れがあります。先祖代々のお墓を使えなくなってしまうかもしれません。菩提寺があるが、無宗教葬にしたい場合は、檀家を抜ける、親族によく説明するなど、生前から本人が準備をしておきましょう。

まとめ

無宗教葬は新しい葬儀の形です。「自分のときの葬儀は無宗教葬にしたい」という希望がある場合は、喪主となる子どもなどに伝えておくだけではなく、葬儀社を訪れ、生前相談を行いましょう。自分の希望を葬儀社に伝えれば、希望を汲み取った無宗教葬のプログラムと予算を提案してもらえます。
いざというときは、生前に決めていたプログラムを実行すればよいだけなので、残される家族たちの負担はぐっと軽減します。

小檜山 顕

専門スタッフが24時間365日対応!
なんでもご相談ください。