自然葬・散骨について

自然葬について

「形式にとらわれたくない」「子供たちに墓の負担を掛けたくない」「故人の希望を叶えたい」...様々な理由で遺骨を海や山に還す散骨を考える人が増えています。
たまのやでは、故人の遺志やご遺族のご希望に少しでも添いたい...との思いから、自然葬のご相談に応じております。

散骨について

散骨とは

社会情勢の変化や生活者の意識が個人中心の価値観へ変化していく中で、従来の葬送方法を考え直し、自分なりに死後について決定したいという方が増えてきています。
一方では、無縁になるお墓も増え、墓を守ることが次世代の人々にとって重荷になってきているという話しも耳にします。
そのような生活環境の変化や、個人の意思の尊重などを背景に、「散骨・自然葬」が認知されてきました。
散骨とは、自然に還りたいという個人の思いをかなえるため、粉末化した遺骨全部、または一部を、海や山に還すことをいいます。

法的見解

散骨については刑法190条の「死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、3年以下の懲役に処する。」の項目に触れるのではないかということで懸念されてきました。

1991年10月 厚生省生活衛生局の公式見解として
「この法律は従来の葬送を対象としているので、遺骨を山や海に撒く葬送は規定していないため、この法律の範囲外として抵触することはない。」と発表されています。従って、散骨は違法行為とはされていません。

法務省刑事局の公式見解として
「遺骨遺棄については、葬送の目的のために厳粛に節度をもって行うのは違法行為ではない」との解釈がなされております。
散骨はこれら関係法令には違反するものではなく、刑法においても確認がとれました。
自然葬は「葬送の儀式」として認められたことになり、「節度をもって」とあるように、常識的な範囲内で他人に迷惑をかけないことが重要です。

散骨の考え方

葬儀に対する価値観や家族環境の変化から

  • 身寄りがなく、お墓を守る人がいなくなった。
  • 家より個人中心の考え方が強くなってきた。
  • 旅立ちの後、遺族に迷惑をかけたくない。
  • 無宗教のため、お墓にこだわりを持てない。

などを理由に、散骨を希望する方が増えてきました。
散骨地は、お墓に代わる物で、海や山がご家族にとってのお墓となります。

なお、以下のことに配慮しながら自然葬を行います。

  1. そのままの形では散骨しない。
  2. 遺骨とわからないように、2ミリ以下のパウダー状にする。
  3. 他人の所有地には承諾なしでは散骨しない。(特に山林など)
  4. 環境問題に配慮すること。

粉骨について

粉骨とは

斎場から持ち帰ったお骨は、そのまま散骨することはできません。それが遺骨であることがわからないように、2ミリ以下のパウダー状に砕骨しなければならないのです。「遺骨を粉末化すること」これを粉骨と言います。
散骨のためだけでなく、遺骨を手元に保管したいという場合に、容積が遺骨の半分以下になる粉骨を希望される方も多いようです。

お骨を粉末化するまで

1.ご依頼→ご自宅へ訪問→粉骨施行日時の決定→輸送手段の決定

当社より遺骨を預かりにうかがいますので、埋葬許可証をご用意してお待ちください。

2.お預かりしたお骨は、粉骨を依頼する先まで、次のいずれかのルートでお運びいたします。

【宅急便利用】
粉骨場まで宅配便を利用して、遺骨を送り、粉骨の後、宅配便にて送り返してもらいます。
【担当者持参】
粉骨場まで当社社員が遺骨をお持ちし、粉骨の後、持ち帰ります。

3.お骨を粉末化いたします。

お預かりしたお骨は、専用の斎場にて粉骨されます。

4.ご依頼主様のお宅までお届けいたします。

粉末化したお骨は、当社よりご依頼主様のお宅へお届けいたします。

海洋葬について

海洋葬とは

海は私達の生命のふるさとです。 私達が海を見た時に癒され、日常の雑事から解き放たれるのは、そこが私たちの本当のふるさとだからかもしれません。

死後に自分の骨を海に流して欲しいと希望する人が増えてきました。 たまのやでは、遺骨を海に還す「海洋葬」を承ります。

委託散骨と家族散骨

委託散骨
ご依頼主様より粉骨済みのお骨を預かり、当社で実施している海洋葬にて当社社員が散骨を代行するのが「委託散骨」です。
海洋葬施行後は、散骨した場所の証明書と証明写真をご依頼主様にお届けいたします。

家族散骨
ご家族様も散骨に立ち会っていただくのが「家族散骨」です。クルーザーには25名様まで乗船できます。
この場合、ご家族様には個人で移動していただき、現地で当社社員と待ち合わせる方法と、当社で用意したバスにて一緒に移動する方法のいずれかをお選びいただけます。
散骨終了後は、個人移動の場合のみ現地解散となります。
その他、ご依頼主様のご希望に合わせて、オプションもございますのでお問い合せください。

全骨散骨と分骨散骨

全骨散骨
全部の遺骨を散骨する場合は、粉骨に出す際に「埋葬許可証」が必要です。

分骨散骨
遺骨の一部だけを散骨し、一部を残す場合は「分骨許可証」が必要です。

海洋葬の流れ(委託散骨の場合)


  • ご依頼をいただきましたら、遺骨をお預かりし粉骨します。
    (既に粉骨済みの場合も可)

  • 海洋葬にて、遺骨を海に還します。

  • 後日、散骨場所を記した「散骨証明書」と証明写真をお届けいたします。

海洋葬の流れ(家族散骨の場合)


  • 個人移動の場合は現地にて待ち合わせいたします。
    当社によるバス手配の場合は、全行程当社社員がご一緒いたします。

  • 貸し切りのクルーザーに乗船→散骨地点へクルージング→海洋葬を執り行います。

  • 帰港後、散骨証明書をお渡しいたします。
    個人移動の場合は現地解散となります。