自由葬について

自由葬とは?

近年「故人の人となり」をお別れに取り入れたいという方が増えてきています。
「故人らしい葬儀」は遺族や参列者の方々へ、より癒しを与え、心のケアになると考える方が増えてきているとも言い換えられます。
たまのやでは、そんな故人やご遺族の心づかいを形にしやすいように、様々な自由葬の形をご提案しております。
「自由葬」とは無宗教形式で行う葬儀を指す場合も多いのですが、広い意味では「故人らしさ」を取り入れる発想で行う葬儀を全て「自由葬」と呼ぶようです。

こんな葬儀も故人らしさを出す「自由葬」と呼ばれています。

「料理のおもてなし」
現在は葬儀社や仕出屋から主に大皿料理をお取り寄せしますが、こだわりのメニューにしたり、銘々のお膳を振るまったり、故人の生前好きだったものをお品書きに加えたりします。
「生演奏」「メモリアルコーナー」「想い出DVD」
仏式の宗教儀礼の前後に、故人の生前が偲ばれる演出や進行を加味します。
「無宗教葬」「音楽葬」
無宗教でのお別れ会や、音楽を儀式の中心に据える音楽葬も自由葬です。
「直葬」
広い意味では、火葬のみで終える葬送も自由葬と呼ばれているようです。

自由葬の注意点

「寺院や神社、教会側の了承」
宗教儀礼の前後に故人らしい演出を加味する自由葬の場合、必ず了承を得なければなりません。
「優良葬儀社の選定」
宗教儀礼部分と自由葬部分があまりにもチグハグだと参列者の違和感も大きいので、経験豊かな葬祭ディレクターがおり地域の風習にも詳しい地域密着の葬儀社を選ぶ事が重要になります。
「親族の反対」
事前によく話し合い、エンディングノートがあれば見せ理解してもらいます。
「物足りなさを感じやすい」
特に無宗教葬の場合、自由な形でも世俗的にならず、清々しく、かつ格調の保たれた自由葬を心掛けないと、物足りなさを感じやすいようです。

自由葬に至るまで

「コミュニケーションが重要」
まず菩提寺と、次に親族間でのコミュニケーションが重要です。
葬儀の担当者にも故人の故郷、生い立ち、功績、仕事、趣味、好きな食べ物まで、故人の人となりを知ってもらいます。その多くの情報の中から、最もその人らしいエピソードを葬儀に生かしてくれます。
「雰囲気の良い会場選び」
静かな、雰囲気の良い会場選びが自由葬の印象を大きく左右します。会場見学会などに足を運ぶ方も増加傾向にあります。 自由葬の場合、自宅や寺院での葬儀に比べ、葬祭会館で執り行う場合の方がスムーズに進みやすいと言われております。
「事前相談」
自由葬は企画に時間がかかるため、前もって事前相談で企画を進めておくと、いざという時にもスムーズに事が運び満足を得られます。また前もって優良葬儀社を知るための手段としても「事前相談」は有効です。 明確な見積もりまで出してくれる葬儀社にお任せしたいものです。
「必要品の準備」
「事前相談」で大体の形態が決まったら、必要品の準備にかかります。メモリアルコーナーに飾る写真や衣類、趣味の作品、ビデオや演奏してもらう曲、肖像画など多岐に及びます。