家族葬について

家族葬とは?

近年よく耳にする『家族葬』とは、葬儀を終えるまで外部に知らせず故人にごく近しい人達だけで行う葬儀の形です。参列者はご家族やご親族、故人を直接知る友人などが中心となります。会葬者数は少数になりますが、葬儀の流れは一般の葬儀と変わりありません。
一般葬との最も大きな違いは、弔問客の対応に追われずに故人とゆっくりとお別れができる点ですが、周囲の『故人とお別れしたい』という思いを汲みづらい葬儀であるとも言えます。
また、ご家族以外含めてはいけないという決まりはありませんので、「近親者葬」とも呼ばれています。

家族葬の注意点

「必ずしも「家族葬」=「軽費用」とならないこともあります」
鮮やかな生花祭壇で送りたい、生前特にお世話になった皆様に心のこもった料理や香典返しで感謝の気持ちを伝えたいという場合には、家族葬で執り行った場合でも必ずしも軽費用にならないこともあります。
「葬儀の後も弔問の方がいらっしゃる場合があります」
故人の交友が意外に広く、ご家族がそれを知らずに家族葬にしたところ、葬儀後に故人の友人がひっきりなしに弔問に訪れる場合もあります。家族葬を行った場合は、葬儀後に自宅用として香典返しを多めに準備することをお勧めします。
「周囲の方の誤解や不快感を招く場合も...」
家族葬の場合、『社会的な別れ』の意味合いが通常の葬儀よりも薄くなります。今後のお付き合いのためにも、周囲の理解が不可欠となります。町内会や地域の方に家族葬で執り行う旨を伝え、主だったご親族には事前に同意をとっておくことが望ましいでしょう。
また、小規模な葬儀のため一般葬に慣れている参列者の方々にとっては家族葬を寂しく感じてしまう場合もあるかもしれません。家族葬の長所を事前に説明して理解してもらうことも大切です。
「一般葬と家族葬を分ける場合に大切なことは、周囲へのお知らせです」
各方面へのお知らせには、一般葬の場合も家族葬の場合も、対象になる方の交友関係リストを事前に作っておくことが望ましいでしょう。
家族葬を執り行った場合、「どうして知らせてくれなかったのか」と言われてしまうこともあります。
ご親族やご近所の方々、ご家族の会社関係の方々が会葬を希望される場合も考えながら、ご家族の交友関係も確認しておく必要があります。
もし家族葬で執り行った場合、参列される方には葬儀の案内を、それ以外の方には家族葬で執り行った旨を伝える案内状をお送りします。事前に文面を考え案内状を作成しておきます。近所の方へのお知らせには、事前に町内会長等に連絡しておくこともひとつの方法です。地域の葬儀に関する慣習等も事前に確認しておく必要があります。