弔辞の手引(弔辞例文集)

弔辞作成のポイント

弔辞とは、故人と親しかった人が、その霊前に捧げるお別れの言葉です。
弔辞の文面は、故人に向かって第二人称で呼びかけてはいますが、実際に聞いているのは、遺族や列席者です。
ですから、むやみに感傷的な言葉を並べたり、個人的な話題に固執することは避け、故人の生前の業績や人となり、エピソードなどをまとめるのがよいでしょう。

  • ポイント: 亡くなったことへの悲しみを述べる。

  • ポイント: 故人の人柄や仕事ぶりなど、具体的な例をあげて讃える。

  • ポイント: 故人と自分との関係や思い出を述べる。

  • ポイント: 遺族に対するお悔やみと励ましの言葉。

  • ポイント: 残された者の責任と決意など。

  • ポイント: 安らかな冥福を祈り結ぶ。

弔辞文の留意点

弔辞の長さに決まりはありませんが、原稿用紙2~3枚程度、時間にして5分以内に終わる長さにまとめるのがよいでしょう。
一般には口語体の文章で書きますが、格式を重んじる場合には、文語体を用いることもあります。ただし、紋切り型の常套句は場面を考えて使いましょう。
ほかにも弔辞を捧げる人がいる場合には、あらかじめ遺族にその人と故人との関係を聞いておくなどして、なるべく内容が重複しないよう配慮した方がいいでしょう。

忌み言葉に注意

忌み言葉は、遺族や参列者に不快感をあたえたり、葬儀の雰囲気を乱したりすることがありますので、使わないのがマナーです。注意しましょう。

  • ・重ね言葉:不幸が重なると言われる

    「重ね重ね」「返す返す」「皆々様」「たびたび」「いよいよ」「またまた」「しばしば」

  • ・継続や再来を表す言葉:不幸が長引くと言われる

    「続く」「追って」「重ねる」「再び」

  • ・苦しみ・死を連想させる言葉

    「9」「4」「苦しむ」

  • ・悪いことを連想させる言葉

    「とんだこと」「大変なこと」「つらい」

  • ・直接的表現

    ご生存中→ご生前、生きているころ→お元気なころ、死亡→ご逝去

  • ・宗派による禁句

    仏式:「迷う」「浮かばれない」
    神式・キリスト教式:「供養」「成仏」「冥福」

  • 事前相談
  • 無料資料請求
  • あなたの街の葬祭会館のご案内
  • 葬儀費用シミュレーション
  • 生花・花環・盛篭・灯明等のご注文はこちら
  • 冠婚葬祭互助会ハートライン
  • あんしん倶楽部入会のご案内
  • 終活のための保険
  • 終活セミナー・イベントのご案内
  • 弔辞例文集
  • テレビCMの紹介
  • 天国への手紙
  • たまのや携帯サイト
  • 火葬のダビアス