一般葬について

一般葬とは?

故人に縁のある方々に広く訃報を知らせ、故人を見送る一般的な式次第で執り行う葬儀を『一般葬』と呼びます。

古来より受け継がれてきた宗教儀礼を中心とする伝統的な形を大切にしつつ、『故人の人となり』に想いを馳せながらお見送りをします。

ご参列する人数に応じて、会館選びや返礼品、お料理を手配します。

また、費用がかかると思われがちですが、香典により葬儀費用の半分以上がまかなえる場合もあり、失敗・後悔しない葬儀の為に、事前にお見積りや参列者の人数を予想する事をお勧めします。

一般葬の種類

《宗教儀礼を中心としたスタイル》

宗教儀礼を中心とし、身内だけでなく、ご友人、ご近所の方々など多くの会葬者が集まるスタイルの『お葬式』です。 従来の『お葬式』に加え、『故人の人となり』が偲ばれるご葬儀をご提案します。

《たくさんの生花に囲まれたスタイル》

たくさんの綺麗なお花に囲まれた故人の姿は、誰もが感動し、大切な方への想いもより深くなっていくことでしょう。 宗教儀礼の格式を重んじながら、故人への想いと、ご家族の気持ちを大切にします。

※祭壇生花のページはこちら

《社会への貢献、功績を讃える社葬、合同葬スタイル》

故人が築き上げてきた社会的地位と功績を讃え、企業を中心とした運営の葬儀スタイルのことをさします。故人への感謝と哀悼の意を込め、また残されたご家族へのいたわりの気持ちも忘れずに温かく送り出す、企業の今後の発展と結束力を見せる大切な場面のお手伝いをいたします。

一般葬の式の流れ(式次第)の例

葬儀という非日常の行事を行うにあたり、たまのやで最も頻度が多い一般葬の仏式の大まかな流れをご紹介いたします。 尚、地域、宗旨、宗派によって、形式、習慣が異なる場合がございますので詳細はお問合わせください。

一般葬の式次第

会館で行う場合の一般葬の式次第の一例をご紹介いたします。

仏式 お通夜の場合(※地域、宗旨、宗派により異なる場合がございます)
1. 導師(僧侶)入場
儀式を司る僧侶が入場、合掌、礼拝をします。
2. 読経
僧侶の読経が始まります。
3. 焼香
僧侶の読経の中、喪主より順次焼香します。
4. 僧侶による法話
僧侶より、仏法についてのお話を賜ります。(無い場合もございます)
5. 僧侶退場
最後に合掌、礼拝をし、僧侶が退席します。
6. 喪主謝辞
喪主または遺族代表の方が参列者に挨拶を述べます。
仏式 葬儀・告別式の場合(※地域、宗旨、宗派により異なる場合がございます)
1. 導師(僧侶)入場
儀式を司る導師(僧侶)が入場、合掌、礼拝をします。
2. 読経
導師の読経が始まります。
3. 弔辞拝受、弔電奉呈
故人と縁ある方から、弔辞(お別れの言葉)を拝受します。
故人や、ご家族の関係者より、弔電にてお悔やみを頂いている場合、氏名を紹介します。
4. 引導、法語(浄土真宗は行いません)
故人を仏の道に導く『引導』の儀を行います。
5. 焼香
導師の読経の中、喪主より順次焼香します。
6. 僧侶退場
最後に合掌、礼拝をし、導師が退席します。
7. 葬儀委員長挨拶
葬儀委員長の方が参列者に挨拶を述べます。(葬儀委員長を立てた場合のみとなります)
8. 喪主謝辞
喪主または遺族代表の方が参列者に挨拶を述べます。

(予修法要)
遠方からの参列者に配慮し、三日七日忌、四十九日忌、百か日忌の法要を予め行います。